子育ての悩みの解決法

子どもが生まれると、母親学級や産院で教えてもらったことだけでは子育てに関する情報が足りなくなってきます。
沐浴、授乳、おむつの交換など、基本的な新生児のお世話は指導でわかりますが、あとのことはほとんどが初見で、どうすればいいか分からないことがたくさんでてきます。その都度、これはいったいどうしたらいいものかと困ってしまう人は少なくありません。また、普段は母親か父親に任せてばかりで、育児を経験したことがあるが人が近くにいない場合、なにをすればいいのかさっぱりわからないという人もいます。

そのような場合、または実際に問題が起こった時に重要となるのが情報収集です。主な方法としては、ほかの誰かに相談する、インターネットを利用する、育児書を読む、などがあげられます。どれか一つの方法を選択するというよりは、複数の方法を必要に応じて組み合わせるほうが幅広く情報を得ることができおすすめです。

これらの方法をどういうタイミングで選択するかですが、人に聞く方法は普段の何気ない会話の時や、問題が実際に起こったときに選択することができます。インターネットや育児書も同様に、問題が起こる前と起こったときの両方で利用することが可能です。
まずは育児書をみて、載っていないことをインターネットで調べたり人に聞いてみたりするというのもよいでしょう。このサイトでは、個々の方法にどのような特徴があるのか、育児書はどういうものがいいのかをまとめていますので、別のページの情報もあわせてご覧ください。